メニュー

閉じる
会社概要
Company Info
 

社長メッセージ

社長

マーケティングの力でコンテンツの価値を上げていく。 スポーツビジネスは社会性もグローバリズムもあるダイナミックな仕事。

 スポーツには人々を感動させたり、元気にしたり、想いをひとつにする大きな力があります。当社は、そんな大きなムーブメントを起こせるスポーツをマーケティング面からサポートし、スポーツの価値を最大化させることを大きなミッションとしています。
 私自身も、学生時代は陸上に打ち込んでいました。世界中からアスリートが集まり、人種、言語、宗教、政治など一切関係なく、同じルールで競い合えるスポーツの醍醐味を味わったことで、自然とスポーツの魅力を多くの人に知ってもらえる仕事がしたいとの想いを抱くようになりました。スポーツに携わる仕事は他にもありますが、その中でも特にマーケティングの力でスポーツコンテンツの価値を向上させたいという強い決意を持って、この業界に飛び込みました。
 スポーツの価値が高まるにつれて、企業がスポーツに関わる目的も多様化しています。企業・商品名の認知向上に留まらず、取引先への影響・企業内の一体感の醸成・社会貢献など、その効果はますます広がりを見せています。関わるステークホルダーも増え、今や世界中の人々がスポーツコンテンツを通じて繋がり、感動し、幸せを感じるようになりました。スポーツビジネスは、社会性もグローバリズムもある、ダイナミックでやりがいのある仕事だと感じています。

環境の変化をチャンスと捉え、スポーツの未来を自分で構想できることが最大の魅力。

 スポーツをめぐる環境は、今まさに変化の真っ只中といえます。スポーツ庁と経済産業省が協働して取りまとめた「スポーツ未来開拓会議」では、2025年までにスポーツ産業の市場を3倍に拡大するという目標が掲げられています。スポーツおよびその周辺にある産業は今後大きく成長していくことが予想され、当社でも現在の事業に留まらない幅広い領域での対応が求められてくるでしょう。
 メディア環境も大きく変わってきました。これまでのスポーツ中継は主にテレビを介して生活者が視聴するスタイルが一般的でした。しかし今では通信環境の整備もあり、スマートデバイスでどこでも好きな時間にスポーツを視聴することが可能になりました。また、今まで接する機会の少なかった競技の映像化も以前と比べれば容易となり、結果、これまでよりも多くのスポーツコンテンツを視聴できる環境が整いました。多くの競技団体が新しい手法でファンを獲得し、コンテンツの価値を上げていく、そんな動きも今後はどんどん加速していくはずです。
 進化し続ける技術革新・ICT化に関しても多くの可能性を感じています。膨大なデータを自動で解析・分析する技術が発達したことで、コンテンツのファン獲得・拡大のアプローチもより高度化・精緻化・効率化されたものになるはずです。またVR技術の進化により、これまでは想像もできなかったスポーツの「見せ方」が可能になり、新しい観戦・視聴の手法を提案することも当社の大きな役割となっています。
 当社がドメインとしているスポーツビジネス市場には、今後も価値を上げていける可能性のあるコンテンツ、技術、手法がまだまだたくさんあります。自らがスポーツの未来を構想し、多くの方と協働しながら、そのど真ん中で事業に邁進できる我々のフィールドは、スポーツの持つパワーを信じ、さらにその価値を高めたい願う人にとって最高にエキサイティングな環境です。

社長

他社を圧倒する「専門性」と「総合力」で
存在感を高めていきたい。

 当社の強みの一つは「専門性」です。設立当初はスポーツコンテンツのライセンス・商品化事業からスタートしましたが、その後イベントプロデュース、アスリートビジネスなどに領域を拡大してきました。それぞれの領域でのプロフェッショナルが数多く在籍しており、ワンストップで幅広いソリューションを提供することができます。
 また広告会社グループの一員でもあるため、マーケティング、クリエイティブ、プロモーション、PR戦略、メディアプラニングなど、ビジネスを展開する上で必要な機能・人材の多くをグループの中に内包しています。このようなグループの「総合力」を結集してスポーツビジネスに取り組めることも当社の大きな強みだと感じています。
 他のスポーツビジネス専門会社は持ち得ない「専門性」と「総合力」を生かして、これからもスポーツビジネス市場で存在感を高めていくチャレンジを続けていきたいと考えています。

 

事業ビジョン

『スポーツを中心とする“コンテンツブランディング・カンパニー”』に!

スポーツに関わるさまざまな組織・企業、商品、選手といったコンテンツそれぞれを
「ブランド(価値のカタマリ)」として捉え、価値向上に貢献していきます。
「コンテンツブランディング」という視点でコンサルティングや企画提案を行い、
あるいは事業パートナーとして協働していく。
これが当社のビジネスの特徴です。

同時に、スポーツが持つ価値を、企業のマーケティング活動に効果的に活用するためのご提案やサポートも行っております。
博報堂DYグループのネットワークや事業ノウハウを生かしながら、
多様なソリューション機能を充実させたスポーツビジネス専門会社として、
スポーツ界の発展にビジネスの側面から貢献してまいります。

 

会社概要

株式会社博報堂DYスポーツマーケティング

HAKUHODO DY Sports Marketing Inc.

本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-4 S-GATE赤坂
連絡先 PHONE : 03-6441-7990(代表)   FAX : 03-6441-9655
設立 1995年8月1日
資本金 136,000,000円
代表取締役社長 岩佐 克俊
取締役執行役員 中澤 聡
取締役執行役員 小林 克哉
取締役(非常勤) 加藤 善彦
取締役(非常勤) 岩崎 秀昭
取締役(非常勤) 佐藤 哲至
取締役(非常勤) 丹羽 大介
監査役(非常勤) 松本 宜孝

 

Corporate Profile PDF

※Please check here for the English version of the company info of the pdf.

・東京メトロ赤坂駅より徒歩1分

・東京メトロ千代田線:赤坂駅 徒歩1分

・東京メトロ銀座線・丸ノ内線:赤坂見附駅 徒歩8分

・東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線:永田町駅 徒歩10分

・東京メトロ銀座線・南北線:溜池山王駅 徒歩6分

ページTOPへ