メニュー

閉じる
イベント&プロモーション事業
Event&Promotion

社員

コンテンツホルダーと信頼関係を築くことで提案の幅が広がる。

 イベント・プロモーション事業はコンテンツホルダーが主催するイベントを円滑に推進するためにスポンサー企業や放送局、関連団体と交渉をしながら事前プロモーションやイベント当日の運営・演出・制作等を担当することが主な業務内容です。
 この仕事で大切なことは、コンテンツホルダーと信頼関係を築くことですね。コンテンツとは選手、チーム、試合など、様々なものがありますが、コンテンツホルダーとしてはまずコンテンツの価値を守らなくてはなりません。しかし、過去を踏襲して守るだけでは面白いことができず、ファンも発見や驚きがなくなってしまいます。コンテンツホルダーとの信頼関係があれば、いろいろな提案ができるようになり、スポンサー企業へのアプローチの幅も広がります。「杉村くんが言うなら、やってみようか!」と言われると、嬉しいですね。

社員

「スポーツは筋書きのないドラマ」。
身を持って感じられることが、この仕事の醍醐味。

 イベント・プロモーション事業だからこそヒシヒシと感じるのは、「スポーツは生きている」ということでしょうか。試合の勝敗によってイベントの進行が左右されることも多いので、毎回ドキドキしています(笑)。イベントの進行は数パターン考えてはいるのですが、それでも予想外の結末になることも多々あります。まさに「スポーツは筋書きのないドラマ」であることを身をもって感じられるのは、この仕事の醍醐味です。無事に終わった後の達成感もあります。
 イベントを開催するには、運営だけでなく、広報やプロモーションも必要ですし、グッズを販売することもあります。スポーツビジネスに関する多くのソリューションが社内にあるのでワンストップでこれらの事業に対応できることが当社の一番の強みです。そのため特にイベント制作は実施まで時間がないことも多いのですが、スピーディーに、そして戦略的にプランニングすることができます。

年次に関係なく、アイデアを自由に発言できる。そして、カタチにできる。

 社風は、とてもフラットだと思います。年次に関係なく、良いと思ったアイデアは自由に発言できる雰囲気がありますし、アイデアが良ければ採用されてカタチにすることができます。
 また、スポーツマーケティングに関するプロフェッショナルな先輩が数多くいるので、僕のように漠然とスポーツに関する仕事をしたいと思って入社しても、仕事をしているうちに自分が実現したいことがハッキリしてきます。また、それを具現化できる土壌やリソースもある会社です。

社員

社員

スポーツイベントの運営に関わりたいと入社。競技者だけでなく、多くの人の想いをカタチに。

 中学・高校の6年間は選手として陸上競技の長距離に取り組んでいました。競技者として取り組む一方で、スポーツの大会やイベント運営にも興味を持っており、卒業後、いったん他社に就職したのですが、スポーツイベントの運営に関わる仕事がしたいとの思いが強くなり、転職しました。
 現在は、さまざまな競技のイベント運営を担当しています。協会や競技団体などのコンテンツホルダー、スポンサー企業、博報堂DYグループや協力会社のスタッフと協働しながら、一つのイベントを作り上げています。当日の運営、企画、演出、制作など、広い範囲で業務を行います。
 多くの人が関わるので、関係者の立場の違い、考えにギャップがあることもあります。アイデアを出して埋めていく作業は大変ですが、この仕事ならではのやりがいでもあります。

社員

コンテンツの価値が高まれば、競技者のためになる。それを実現できる幅広いネットワークがあることが強み。

 入社当初は競技者目線で考えてしまうことも多くありました。しかし、イベントには費用も理解も協力も必要で、競技者だけでなく、必要なものを提供してくれた人たちの思いを伝えていかなければならないんだ、ということがわかりました。
 当初の自分が競技者目線だったことに気づけたのは、博報堂DYグループで様々な分野のプロフェッショナルな方々と仕事をすることができたからです。ファンも共感できない、スポンサー企業も喜ばない、競技者だけのイベントは成立しません。プロモーション を考えどう素晴らしさを伝えていくか、そしてスポンサー企業のことも考えられるからこそ、そのイベントが長く継続され、多くの感動を生み、コンテンツの価値が高まります。

 コンテンツの価値が高まれば、巡り巡って競技者のためになる。それを実現できるのは、幅広いネットワークを持つ博報堂DYグループだからだと思います。スポーツは先が見えないものですが、多くの人が感動を求めて集まっています。だからこそ、スポーツに集う選手、ファン、その他関係者すべての方の満足度が高いものになるようになるように、と心がけています。イベントの施策として、ファンの熱い想いを巻き込む施策を実施することもあります。ただ、スポンサーのおかげで試合やイベントが成立していることを多くのファンもわかってくれている。ファンがその感謝の想いを現場で表現すると、スポンサーの方々も本当に喜んでくれるんですよね。そんな良い循環を、もっと作っていきたいです。

ひとりひとりがプロフェッショナル。仕事を通して発見があり、成長を実感できる環境。

 スポンサー企業の営業担当はもちろん、クリエイティブやメディア担当など、ひとりひとりがプロ集団なので、仕事をするたびに発見があり、自分自身が成長していることを感じます。博報堂DYグループのリソースがあれば、スポーツの周辺に発生するビジネスはすべて実現できます。私も、経験値が上がるたびにできることが増えていく手応えがあります。
この仕事は、モノを売っているわけではないので、人のつながりが大切。経験値を高め、信頼を得ることで自分を成長させていきたいですね。

社員

スポーツの特性を活かした企画・制作・運営など、
スポーツイベントにおける幅広い業務を通じて
コンテンツホルダーや企業、双方の価値向上や課題解決に貢献します。

スポーツを中心とするコンテンツブランディング・カンパニー

博報堂DYグループの一員として
豊富な実績により培った経験値をもとに「発想力」「情報力」「行動力」で
企画立案から制作・実施運営まで、目的に応じたパフォーマンスとクオリティの高いイベント・大会をご提供します。

ページTOPへ